特殊漫画家 根本敬さんのトークイベント

昨日の特殊漫画家 根本敬さんのお話しが個人的にめちゃめちゃおもしろかった。そのひとつに、偶然起こったことをいくつか繋いで一つの物語を創る。ってことがある。日常で、ボーっとしていては見逃してしまう。いかに日常から感じとれるか、敏感に拾えるか、気付けるのかがポイントのようだ。そして、いくつかの出来事が繋がってひとつの物語をどうひとに伝えるのか。同じものを見ていても、その感度の違いでそれぞれ違った表現が生まれる。みたいなこと。この後も聞きたい。それこそダンサーさんやショーで演目を作っているひとにも、ぜひ聞いて欲しい内容だった。次回は7月の後半です。今村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です